1. Macのホームページ作成ガイド > 
  2. ホームページ作成ソフト > 
  3. BiND for WebLiFE レビュー

BiND for WebLiFE レビュー

2010/12/26

「BiND for WebLiFE」は、簡単なステップで垢抜けたホームページを作る事ができるホームページ作成ソフトです。
ブロック機能という独自の考えで構成されていて、各ブロック内に文章やら画像なんかをはめ込んでいくようなイメージです。
ブロックは場所を移動したり、新しく追加したり削除したりする事ができますが、あれこれと動かしてもホームページの体裁が崩れるような事はないので、 ビギナーにありがちな「見難いページ」になってしまう事はなさそうです。
簡単なステップで垢抜けたページが作れると書きましたが、設定できる項目はかなり多いので、慣れないうちはかなり難しいです。
しかもブロックエディタというブロック編集画面で一度「適用」を押してしまうと、command+zでもやり直しが効きませんので、操作に慣れるまでの間は 何度もページを作り直す覚悟が必要そうです。
BiND4のブロックエディタ
ブロックエディタは設定項目が多いので、始めのうちはちょっと戸惑うかもしれません。
またこのブロックエディタは別ウィンドウで開くので、デスクトップの狭いMacBookなどを使っている場合は結構つらいです。
さらにブロックエディタ内では、設定のプレビューが表示されないので、「回込解除」とか「区切線」とか言われても、実際にどうなっているかは適用しないと分かりません。
適用するとやり直しが効かなくなるので、でき上がりが想像と違っていた場合に前の状態に戻したくても「あれ?どんな設定してあったっけ?」なんて事に・・・。
もう一つ気づいた点は、ブロックごとの間隔を微調整できない事です。
新しくブロックを作って透過GIFを使えば微調整できそうですが、スマートではないですし面倒です。
まぁブロック内に改行を入れれば、ある程度の間隔調整はできると思いますが、せっかくなので設定項目に「ブロックのマージン」といった設定もあった方がいいなと思います。
bind_02
ブロックエディタ周りには改善の余地がありますが、ソフト全体では完成度も非常に高く、なによりアウトプットのホームページが、とてもきれいに出来上がるので、使っていて楽しいソフトです。
さらに、WindowsだろうがMacだろうが、IEだろうがFirefoxだろうが、どんな環境でも同じように表示されるホームページが、知識なしで作れる点がすばらしい。
環境の違いによる見た目の変化に頭を悩ませる事なく、コンテンツ制作に集中できるのは良いですね。
価格はちょっと高いですが、この完成度なら買いではないでしょうか。

使い方などの解説サイト

BiND for weblifeの使い方をまとめたサイト:BiNDwebマニュアル(非公式)

BiND for WebLiFEの使い方だけでなく、ホームページ作成全般のTipsや、運営に関するノウハウなどがまとめられているホームページです。
このホームページ自体がBiND for WebLiFEで作成されていますので、とても参考になります。

体験版

BiND for WebLiFEの体験版

体験版は14日間、すべての機能が使えます。

価格を比較

楽天市場でBiND for WebLiFEを探す

公式ホームページ

BiND for WebLiFE

BiND for WebLiFEの個人的おすすめ度
ビギナーおすすめ度 ★★★★☆
上級者おすすめ度  ★★★☆☆
価格の手頃さ    ★★☆☆☆
Facebookページ