サンプルイメージ

1カラム

1カラムの場合には、このようにメインコンテンツエリアの横幅一杯までコンテンツが広がりますので、記事を時系列で並べるなどの縦方向に情報を羅列するときには効果的です。

2カラム(左)

左側のカラムに入るコンテンツをここに書きます。
カラムを左右に分ける事で、縦方向への情報の羅列と横方向への羅列を組み合わせることができますので、コンテンツの展開方法にバリエーションを持たせる事ができます。

2カラム(右)

右側のカラムに入るコンテンツをここに書きます。

3カラム(左)

左側のカラムに入るコンテンツをここに書きます。
あまり細かくカラムを分けすぎると幅が狭くなってしまい、かえって情報が読みにくくなってしまう事もありますので、ほどほどにしましょう。

3カラム(中央)

中央のカラムに入るコンテンツをここに書きます。

3カラム(右)

右側のカラムに入るコンテンツをここに書きます。
300x300のサンプルイメージ